積雪センサー (平成18年度岩手県納入)
レーザー式積雪深センサー
 

レーザー光により積雪面に対して非接触で積雪を測定します

■積雪深計感部
レーザー式発信器
 レーザ光が積雪面から反射して 
 戻ってくるまでの位相差を計測 
 ・測定方式:位相差検出方式
 ・光  源:レーザーダイオード クラス2
 ・測定範囲:0~5m
 ・精  度:±1cm以内
 ・測  定:6秒毎
 

■計測・通信制御部
 レーザー式発信器からのシリアルカレントループ信号を受け積雪深計の設置条件(設置高さ、角度)による換算を行い伝送部にRS232Cとして出力
 データ収集処理(積雪変換部)
  ・入力信号:シリアルカレントループ信号
  ・サンプリング:6秒毎
  ・LCD表示:測定値、西暦、月日、時分、積雪深、積雪深実測、角度調整表示
  ・データ保存:約3ヶ月蓄積可能
 通信制御部
  リモートルータとイーサネットされるプロトコル変換器を介し、RS232Cモデム
  空間で送受信

システム構成